霊園と墓地の大きな違いとは?

霊園と墓地の大きな違いとは? 墓地と霊園は区別されないで使われるケースもありますが、一般的には異なる物を指します。
まず前者は、お寺の境内内にあるものをいいます。
後者は、それ以外のものを指します。
どちらもお墓を建てる場所であることには変わりがありませんが、運営主体が異なるわけです。
墓地の場合は、その寺院の檀家になる必要があります。
また、宗派が異なる場合は埋葬をしてもらうことができないケースもあります。
これは運営する寺院によってスタンスが異なりますので、事前に確認する必要があります。
その点、霊園であれば宗派は問わないので、どのような宗教の方でもお墓を建てることができます。
実際に見てみれば、仏教式でも様々な宗派のお墓が建てられていますし、キリスト式のお墓も存在しています。
墓地の場合はお寺の境内にあるため、法事の際の読経はそのままお願いすることができます。
その点霊園は、各自でお願いしなければなりません。
このように、それぞれにメリット、デメリットがあります。

レンタル墓地を選ぶメリット

レンタル墓地を選ぶメリット 新しいお墓の形として、レンタル墓地が注目を集めています。
これは、5年や10年など、期間を区切って利用契約を結ぶ墓地のことを指しますが、さまざまなメリットがあります。
まず、費用を安く抑えることができるという点が挙げられます。
新しく墓石を購入してお墓を建てるよりも、レンタル墓地を利用することで、数分の1の価格の負担で済ますことができます。
そのうえ、外見は通常のお墓と変わらないので、違和感なく利用することができます。
また、将来のお墓の維持管理に悩まなくて済むという点もメリットの一つです。
引越しが多く、墓地の購入に踏みきれないという場合でも、レンタルすることで気軽に場所を移すことができます。
契約期間満了後に、撤去する費用がかからないので、移動が多いという人に向いていると言うことができるでしょう。
違う土地に引っ越した際に、違うお墓に遺骨を取り出して改葬することも簡単にできるという点も、メリットだと言えます。

新着情報

◎2018/2/20

墓地のクーリングオフ
の情報を更新しました。

◎2017/11/20

墓地選びと立地の良さについて
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

墓地にかかる維持費
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「霊園」
に関連するツイート
Twitter

RT @BungoNews: 今日(10月21日)は「志賀直哉」の命日・志賀忌です。 1971年(昭和46年)没で、没後47年になります。 催事等は特に確認出来ませんでした。 「志賀直哉」の墓地は、著名人が多く眠る「青山霊園tokyo-park.or.jp/reien/park/ind…)」…

Twitter絶不調の神尾😇@k10a1mi7o

返信 リツイート 6分前

返信先:@ktr8714keio9731 ですよね。最寄り駅は多磨霊園より西なので…

RT @BungoNews: 今日(10月21日)は「志賀直哉」の命日・志賀忌です。 1971年(昭和46年)没で、没後47年になります。 催事等は特に確認出来ませんでした。 「志賀直哉」の墓地は、著名人が多く眠る「青山霊園tokyo-park.or.jp/reien/park/ind…)」…

Twitterdzsgくれbot 🚲💨@867snw

返信 リツイート 10分前

返信先:@ktr8714keio9731 でたーw あのあたりになると多磨霊園付近での徐行がないから楽ですよねw

神辺のこのしょうもない夜景が1番語るには最適よな笑 人来ることなんかほとんどないし 蔵王霊園より好きじゃわ 落ち着く pic.twitter.com/TNlsTVQrej

結局、好きで何度も行っている「谷中霊園」を、迷った末に答える。さあ、後はこのままブロッカーが沈黙するか、(望み薄だけど)⑦を開けてくれれば1問目は突破できる…。壁は動かない。祈るような気持ちでタイムアップを待ち、なんとかクリア。答えは「八柱霊園」と聞き、肝を冷す。危ない危ない。

私がまず「多磨霊園」を答えた後、ブロッカーが(比較的難しめの)「染井霊園」を当てる。また私のターン。「青山墓地」を答え、ブロッカーが「雑司ヶ谷霊園」を開ける。さあ、ここからがポイントだ。④の「鎌倉霊園」を答えるか、⑤の「谷中霊園」を答えるか…。

返信先:@TAS_NOVICE 周り霊園と動物園しかないんだが? モチベが高いというか楽しいからやってるというか

八甲田霊園

Twitter青森市営バスファン@AomoriCityBus

返信 リツイート 昨日 22:57

返信先:@bayasheee767 押されたの現場は多摩霊園手前の踏切w